読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8 beat Story♪について語りたい

~ハニプライベント備忘録〜

「トキメキの15センチ」がイイ!

はにけんです。

 

 

 

 

ライブレポートも終わってやることも無いなあなんて思っていたので

 

今回は僕の好きな曲の一つである、

 

トキメキの15センチはどんな曲か。について書いていこうと思います。

 

 

 


一応お断りを入れておくと、

 

今回は、個人的な解釈に基づいて勝手に書いているので、

 

曲のイメージ変わってしまうこともあるかもしれません。

 

 

あと3部構成の長編(いつもの3倍)なので飛ばすとこは飛ばしてください。

 

忙しい人は、最後のまとめだけでもわかると思います。

 

 

それでも良ければ、どうぞごゆっくり見て行ってくださいな(*´ω`*)

 

 

 

 

 

f:id:shishito:20161120200147p:plain

 

トキメキの15センチ

 

 

初めて聞いたとき、ピアノから始まる切なさが印象的だなと感じました。

 

でも、リズミカルに、アップテンポになっていくところに

 

グッと引き込まれました。

 

そして気づいたらもう一回聞いてました。

 

 

 

リズム、歌詞、曲調、

 

どれをとっても個人的にドツボなのです。

 

 

でも、

なんかこう、

もやもやと引っかかるものがあったので書かせてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この曲は間違いなく「恋愛ソング


その中で、歌いだしの〈小さい頃の思い出を君は今も忘れていないのかな?〉

 

という歌詞から

 

「幼馴染の恋」について歌っているのでは?とおもいました。

 

 

〈15センチ〉を何回も使っているところから、

 

<君>と<私>の届きそうで届かない距離感を歌っているように感じます。


切ないというか、青春の甘酸っぱい感じが滲み出てきます。

 

 

 

 


1、まずはざっくりと歌詞を読んでストーリーをのぞいてみよう。

 

どんな物語なのでしょう?

 

 

 


まず1番。

 

 

・小さい頃の思い出を 君は今も忘れてないのかな

いつもの寝る前の電話 でもね 最後は寝ちゃうんだ

 

 

 


いつも電話してるってなかなか仲がいいですね。

 

でも恋人じゃないのになんで・・・

 

めんどくさそうだし、ひとまず置いときましょう。

最後に説明します。

 

とりあえずここは、幼馴染と毎晩電話してるのだけはわかりました。
羨ましい

 

 

 

・ドキドキがいつまでも 止まらないどうしよう 電話の向こうの君まで
・聞こえちゃうどうしよう 止められないいつまでも
・だから最後は寝たフリ

 

とのこと。

 

 

毎晩寝たフリ・・・
せめて「おやすみ」くらい言ってもいいんじゃないですかね。
最後は毎回寝落ちとか、電話受ける身としてはなかなかの迷惑ですww

 

 

 


では次に2番の歌詞を見ていきます。

 

 

・待ち合わせに遅れてきて いつも ごめんって君は言うけれど
・本当はその困った顔 見たくてわざとね早くいるの

 

 

 

1番と同じく、いつもがまた出てきました。


そして待ち合わせに、<君>は遅れてきます。


だらしないですね。男ならシャキッと待っとれ!!

 

喝!!

 

と、言いたいところですがここは我慢。

 

 

<君>にもちゃんと言い分があるんです。

 

 

困った顔見たいがために、<私>が早いんですよ。

 

待たせまいと、<君>が1時間前に来ようが、

 

<私>はそれより前から待ってるわけです。

 

それもいつも

 

いじわるも程々にしてください

 

 


まぁ100歩譲って、困った顔を見られてしまいます。

 

来るの早いんだもん、しょうがないよ。

 

幼馴染なら、このくらいは許されるはずですが

<私>、またもめんどくさいことをします。

 

 


・ドキドキがいつまでも 止まらないどうしよう 斜め前を歩く君まで
・聞こえちゃうどうしよう 止められないいつまでも
・だからいつも拗ねたフリ

 

 

 

拗ねた・・・?

 

ふざけんなよと。

 

 

勝手に早く来てるのに、なんで拗ねられなあかんねん!!

 


それに、その女に付添う男も男だ。何とか言ってやれ!

 

喝!!

 

 

 

 


最後3番。

 

 

・気づいちゃったドキドキ 背伸びをして今から君に届けるよ
・好きとは言えないけど 二人の距離もう後に引けないところまで
・わざと歩幅合わせて トキメキの・・・

 

 

 

 


んあああぁぁぁぁぁ!!!!
なんだよおおおぉぉぉぉ!!!

もったいぶるなよおぉ!!!
最後どうなってんだよぉ!!!

 

 

 

最初のうちはこんな感じの印象でした(笑)

 

 

 

 

 

 

茶番はこのへんにして

 

ここからちょっとまじめに書きます。

 

 

 

 


2、2人の気持ちをちょっとだけ理解してあげる。

 

 

<私>は幼馴染の<君>が好きなわけです。

 

あわよくば恋人の関係になりたいとさえ思っている。

 

 

 


恋人になれたら…

 

 

この気持ちがキーワードです。

 

この気持ちを踏まえて、もう一度振り返ってみます。

 

 

 


①寝たフリ問題

 

電話で寝たフリをする。つまり電話を切りたい。

 

眠いからとか、飽きたからとか、宿題やらなきゃとか
理由はどうであれ電話が切りたい。

 

しかも、恋人っぽく

 

 

やっぱ恋人なら「おやすみ」って言いたいよね。

 

せーので切るよ!とかやってみたいよね。

 

でも恋人でもないし、恥ずかしくてできないんです。この娘。

 

そう言われたらなんとなく理解できるかなと。

 

 

 

寝たふりを決めて、見つめるスマホまで15センチ、

 

おやすみが言いたくてときめいてる少女です。

 

 

 

 

f:id:shishito:20161120201103j:plain

 

いや、おやすみって言われたいよなぁー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②拗ねたフリ問題

 

待ち合わせして学校に行く男女は仲睦まじいですね。

 

<君>の困った顔見たさにちょっと早く行きたいのはいいとして、
恋人っぽい待ち合わせなら、

 

 

 

「ごめん!待った?」

 

「ううん、今来たところ!」

 

ってのが一般的にあるじゃないですか。

 

 

 

 

でもやっぱり恋人じゃないし、恥ずかしくてできないんです。

 

一緒に歩いてるんだから、もっといい雰囲気にしたい。

 

斜め前を歩く君の手まで15センチ。

 

ギュッと握って思いを届けたい。

 

でもそんなは勇気でない・・・

 

ちょっと恥ずかしいですよね

 

f:id:shishito:20161120201114j:plain

 

「おそい、いくよ」

とか言い出しそうです。

 

拗ねてるところが、なかなか様になっている・・・

 

 

 

 

 


③勘の鋭い君問題

 

 

2番で毎回待ち合わせに遅れてくる<君>。

 

たぶんコイツは、ちゃんとしたヤツなんです。

 

イイヤツなんですよ。

 

そうじゃなきゃ好きになってもらえないハズですから。

 

 

 

 

何回も早く来ようと思ったんです。

 

でも、仕組まれてたみたいなんですね。

 

1番で、いつも寝る前に電話してるってありますね。

 

 

これ、毎晩、明日の朝の集合時刻決めてるんじゃないかなと。

 

で、決めた時刻より毎回早く<私>が来ちゃうんですね。

 

 

 

 

さすがに、このカラクリに<君>は気づくと思うんですが

 

ここでさすがの勘の鋭い<君>、ずっと前から私の思いには気づいていて、

 

毎日、わざとちょっと遅く来ていた。

 

 


ほほぅ…

 

 

 

 

ずっと前から<君>は、<私>の気持ちにちゃんと 気づいていて

 

 

わかったうえで、毎晩電話に付き合ったり、

 

 

待ち合わせに遅れてきてなんですね。

 

 

 


そしてその気遣いに気づいちゃった<私>、またもドキドキしちゃう。

 

いや、さすがにこれはドキドキするでしょw

 

 

 

 


そうしたらもう止まらないですね。

 

 

ゴールまで一直線です。

 

 


好きなんて言えない

 

でも思いを伝えたい。

 

 

そう思った<私>は、

 

君の背丈に合わせて背伸びをして。

 

(なんて言おう…)

 

 

 

 

 

 

君まで、15センチ。

 

 

もう後には引けない。

 

精一杯の、勇気を出して。

 

 

 

 

小さな声で。

 

「あのね…」。

 

 

 

 

 

 

 

 ……

 

 

 

 

 

( ………大好きだよ )

 

 

 って言ったと思います。

 

 

 

 

 

 

3、まとめ

 


・<君>は<私>の気持ちにずっと前から気づいていた。

 

 

・毎晩電話、毎朝登校を一緒にしていた。

 =<君>も<私>に気があった。

 

 

・ある日、<私>がそれに気づく。

 

 

・溢れ出してくる「好き」という感情では言い表せない気持ちを、

「大好き」と伝える。

 

 

・両想いめでたし。

 

 

 

 

 

 

これを踏まえたうえで聞いてみると、

 

また違った視線で聞けるんじゃないかなと思います。

 

 

ときめいてるメイちゃん

 

拗ねてるほたる

 

あのね…のひなた

 

 

青春な感じが、ぴったりでイイですね!!

 

 

 

 

どうでしょう?いい曲でしょう?

この良さを分かってもらえればなと思い書きました。

 

 

 次のライブで聞けるといいですね!!

 

 

 

 

以上、「トキメキの15センチ」曲紹介でした。